昭和元禄落語心中 第3話 「迷路」

見応えあるなー!

ほんと、瞬きを忘れるくらい。


同居している菊比古と助六。

助六は遊んだり、寄席に出たり、自由に生きてるんだけど、

生真面目な菊比古は、仕事をしてお金を稼ぎ、

練習や寄席の時間が取れない状態で

どんどん助六との差を感じ焦り始めるのよね。


全然違うタイプなんだから、比べても仕方ないんだけどねー。

焦るよなぁ、あんなにウケてたら。。。

そして、クソ真面目な落語は。。。確かにつまらないかも、だし。


みよ吉との出会いで何か変わるかもしれないと思ったけど、

結局は落語や芝居をやってく中で、

自分らしい居場所ややり方を見出したって感じかな?

だからこそ。。。みよ吉の気持ちがねぇ。。。

不器用な男なんすよ、わかってやってくだせぇ。。。

こうやって、助六に奪われちゃうのかなぁ。。。

自業自得ではあるんだが。

0

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM

    使用素材のHP

    Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *